軽音楽の大会に参加しましょう!


 「大会」に参加している軽音楽部の大学・高校・中学の主な学校をまとめました。
 軽音楽部が活躍している大学・高校・中学を知ることができます。
 聴いた他校のバンド演奏に、感動し、喜びが溢れた経験があるかも知れません。
 曲を"繰り返し、繰り返し" CDやDVDで聴いた経験があるかも知れません。
 したがって、「大会」は、 軽音楽に興味を持った人たちの最も知りたいことの一つです。

  このサイトには、主にビッグバンドの大会に関連した情報を集めました。

 

例えば、大学の場合「ビッグバンドジャズコンテスト」が有名です。


  ----->>> 詳細は、サイドメニューより「大会」記事、「大学」記事へ続きます

  また、高校生の場合、主に次のコンテストが有名です。
(1)高校・中学校軽音楽系クラブコンテスト「スニーカーエイジ」(We are Sneaker Ages )
(2)高等学校文化連盟 軽音楽専門部の主催するコンテスト
(3)高等学校軽音楽部全国大会
  ----->>> 詳細は、「大会」記事、「高校」記事へ続きます

  一方、 中学校の場合も「スニーカーエイジ」が有名です。
  ----->>> 詳細は、サイドメニューより「大会」記事、「中学」記事へ続きます


 あなたは、軽音楽部の盛んな「高校」を探していませんか? 

 多くの人がバンドの盛んな"高校"を知りたい、 と思っています。

     なぜ、「高校」 なのでしょうか?


  

一つの理由は、「大会」に、軽音楽が盛んな「高校」が集まるからです。


別の理由は、学校を選ぶことに関連しています。
中学校の場合、通学できる公立学校が制限されるので、学校を選択できないのかも知れません。
さらに、低学年の場合、体より楽器(サックスなど)が大きいため、進学時期まで待つ必要があるようです。
しかし、中には、例外があります。  
  すごい小学生jazzバンド http://www.youtube.com/watch?v=KG31XbOTNDA
 大学の場合、ほとんどの大学に「軽音楽部」があり、さらに音楽大学や専門学校があります。

  したがって、進学したい学校を自由に選択できる「高校」が最も関心を持たれるのかも知れません。
 また、自宅から通学できる範囲で、「偏差値」の高い高校へ入学を希望するからかも知れません。
 
  生徒・学生にとって、入学試験をパスすることが、入部と結び付きます。
 「コンテスト」で活躍している学校の軽音楽部に入部すると、演奏テクニックをアップできます。
したがって、通学しながら、バンドを学べる「高校」を探す必要があることが分かります。

  実際、軽音楽部の魅力は、「他校や人との交流」と「無料で演奏」できる環境です。
クールジャズで有名なブルーの王様(King of Blue)マイルス・デイヴィス(Miles Davis)の生立ちについて
 彼のお母さんは、「音楽の先生」、お父さんは、「歯医者」でした。
愛情深い音楽の指導、経済的に豊かなことは、音楽家が育つために有利であることが分かります。
「軽音楽部」と「大会」は、大切なこの2つを生徒・学生に提供しています。

  (1)「音楽の先生」
  (2)「経済的に豊か」
    「交流」が2つを作り出しています。

  

音楽は、このような交流が大切です。


 交流が活発になると、音楽や演奏テクニックなどの知識を短期間にマスターできます。
 交流により、重要な演奏テクニックのポイントを簡単に見つけることが出来るからです。
 交流の中で、特に、部活で出会う人々を知ることが必要になります。
 理由は、あなたの音楽の理解の深さ、演奏テクニックのレベルの高さに影響する人々となるからです。
 人々との関係がスムーズになれば、学業・軽音楽ともにレベルアップするはずです。
 
 出会う人々は、主に次の通りです。
(1)顧問 :=>  資金、演奏方針、部内外の交流・部活スケジュールなどを調整します。
(2)部長・マネジャー :=>  練習方法や課題マスターなどに努力しています。
(3)先輩・同輩・後輩 :=>  交流が活発になれば、演奏テクニックが向上します。
(4)OG,OB :=>  同じパートの演奏テクニックなどを指導してくれます。
(5)他校 :=>  交流などで演奏内容に意見を述べてくれるかも知れません。
(6)地域の人々 :=>  演奏活動を通して、ファンの大切さを感じることができます。
(7)国際交流 :=>  外国の人々と交流できる機会があるかも知れません。

    これらの人々と共感し、意見交換が自由にできるようになることが重要です。
 
 また、主に次の内容を学ぶことができます。
(1)楽器 :=>  種類と数量
(2)曲 :=>  演奏する曲目
(3)アーティスト :=>  主に演奏するアーティスト。
(4)演奏テクニック :=>  パートごとに課題を見つけ、学ぶことができます
(5)楽譜・コード :=>  演奏の基本を学ぶことができます。

前半で軽音楽部を愛情深い「音楽の先生」で「金持ち」に例えることができました。
 ビッグバンドを好きになった「あなた」または、お子さんは、音楽の「天才」かも知れません!
 その才能の豊かさを知るため、また伸ばすために、良い指導・良い先生が必要です。

このサイトの内容をまとめました。



1 軽音楽とは
入部希望のあなたに、言葉の定義を説明しました。
ジャズとの関係を説明しました。---->>>「軽音楽とは」へ続きます

2 軽音楽部を英語で
アルクの和英辞典で「軽音楽」は、次の通りです。
* easy listening〔ソフトで聞きやすい音楽の総称〕
* light music〔【略】LM〕、
しかし、実際とは、意味がかなり異なると思います。----->>>続きは「英語」へ
3 主な大会は、どの大会?
大会に参加することで、演奏のテクニックやあなたの課題を知ることができます。
パートが同じ場合、良い演奏は、優れた「音楽の先生」です。
大会に参加すれば、あなたの演奏の感想や意見などを聞くことが出来、練習に役立ちます。
愛情深い「音楽の先生」としてふさわしい大会を紹介しました。
 ----->>> 詳細は「大会」へ続きます
4 大学
ほとんどの大学には、軽音楽部があります。
大会で活躍し、交流がさかんな大学を紹介しました。
あなたが演奏で悩んでいる場合、交流により貴重な経験ができるかも知れません。
「音楽の先生」としてふさわしい大学を紹介しました。
 ----->>> 続きは「大学」へ
5 高校
 ほとんどの高校には、軽音楽部があります。
大会で活躍し、交流がさかんな高校を見つけることができます。
あなたが進学したい高校があるかも知れません。
「音楽の先生」にふさわしい高校を探しましょう。
 ----->>> 「高校」へ続きます
6 中学
大会で活躍し、交流がさかんな中学を紹介しました。
あなたが進学したい中学があるかも知れません。
「音楽の先生」にふさわしい中学を紹介しました。
 ----->>> 続きは「中学」へ
7 連盟など
日本各地には、軽音楽の重要性を認識している連盟があります。
連盟に参加すると、大会で他校と交流できます。
ジャズなどを好きになった人々と交流することができます。
「音楽の先生」としてふさわしい連盟を紹介しました。
 ----->>> 「連盟」へ続きます

軽音楽部 大会 参加校 軽音楽を楽しみましょう!
本サイトが軽音楽を好きになった若い人たちに少しでも役立ことを期待しています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。