軽音楽とは

軽音楽とは 意味は、何でしょうか?


 「軽音楽」の定義を説明しました。
 また、ジャズとの関係を説明しました。

 まず、軽音楽 Wikipediaを次に引用しました。
クラシック音楽や古典音楽に対するポピュラー音楽全般を総合的にまとめて軽音楽として分類。
サークル名に見られる「軽音楽部」「軽音楽同好会」などの名称。
これに対して「音楽部」は交響楽や合唱音楽をターゲットのジャンルとする。

 全国高等学校軽音楽連盟の場合、定義の(案)は、次の通りです。
クラシックと異なり、譜面どおり演奏することでもなく、音楽的にも高い 演奏力も要求せず、生徒本来の個人的興味・関心などからくる精神の高揚の結果としての意見、メッセージをステージを利用することにより、聴衆や協力者全ての人々に伝えることにある。

 一方、広辞苑によると、「クラシック音楽に対して、ジャズ・ポピュラー・シャンソンなどの総称」。

 したがって、即興演奏を特徴とするジャズと深い関係があることが分かります。
ジャズの即興演奏などで力をアップできれば、バンドでも評価が高まることになります。
Home Pageで説明しましたように、ジャズを良く知ることが演奏テクニックをマスターする近道です。

 他方、部活動やクラブ活動で活動する軽音楽は、いわゆる「バンド」活動、と言われています。
例えば、神奈川県高等学校軽音連のコンクール参加の<実施要項>に次の説明がありました。
参加資格として、次の説明がありました。
県高文連に加盟かつ神奈川県高等学校軽音連に加盟している学校の軽音楽部部員であること。
(現在未加盟校は加盟することによって参加可能)
グループ(バンド)内のすべてのメンバーが同一高校内に所属していること。
(全日制、定時制は別々の高校とする)。
1人での参加も可。
高校入学後3年以内の生徒であること。

※ 大会に参加する場合、その大会の「実施要領」を熟読し、理解する必要があります。
 
 このように、学校では、軽音楽は、ビッグバンドなのです。

ここで、ちょっと、質問していいでしょうか?



 あなたは、ジャズに興味がありますか?
 ジャズに興味がある場合、ジャズのどこが好きでしょうか?

 軽音楽は、主に「バンド」または「ビッグバンド」を意味することがあります。
実際、ほとんどの中学・高校・大学で、軽音楽はバンドです。
バンドは、主にジャズ・ポピュラー音楽を演奏します。
したがって、ジャズを良く知ることが演奏をマスターする近道です。

 ジャズは、自由と共感を求める人の音楽です。
ジャズは、主にその歴史が特徴を語ってくれます。
主な特徴は、次の通りです。

 1 迫害の苦しみを開示する、ブルーノート
 ジャズでは、ジャズ風の音(ミ♭:=>  ブルーノート)を取り入れています。
不協和音と思われる原因は、苦しみを表わすためです。
Home Pageで説明した「King of Blue」Miles Davisは、薬物の乱用で常に苦しんでいました。
しかし、彼は、苦しい12日間の禁断症状を耐え抜き、ついに脱出できました。

 2 仲間に注意を促す、シンコペーション
 強拍が前に行くか後ろに下がるため,新奇な効果が生まれます。
その結果、ジャズを聴いている人の注意をひくことができます。
弱拍・強拍・休止の繰り返しの中で、雰囲気を作り出す「休止」がジャズるポイントです。
雰囲気の作り出し方は、演奏者しだいです。

 鳥たちは、この音を聞くと、遠くにいる仲間が何かを知らせたいことを理解出来ます。
実際、カラスの「逃げろ!」を意味する鋭い鳴き声は、シンコペーションです。
ある企業は、これを活用し、「カラスを追い払う道具」として販売しています。
カラスは、「逃げろ!」を意味するシンコペーションを聞くと、納得して飛び去るそうです。
カラスは、学習能力が高いので、怪しまれないため、約百種類の音が用意されています。
  
 3 共感を表すスウィング
 同じメロディーの繰り返しが特徴です。
聴いているうちに、体が自然にスウィングしてしまいます。

 4 高い創作性を求められる即興演奏
 即興演奏のメロディー,和音,リズムの形式はあらかじめ決められています。
これらは、リックまたはフレーズと言い、ジャズの「語彙」と言われています。
この語彙をどのように曲に取り入れ、即興演奏するかは演奏者しだいです。
即興演奏は、「コンクール」や「大会」でオリジナル曲を作曲するときに役立ちます。

 一方、山下洋輔さんが解説する「フリーフォーム」、という自由なジャズがあります。
山下さんには、即興で「弾いている自分が聴いている自分を驚かす」ことがあるそうです。
「フリーフォーム」は、自由度が高いので、どのような演奏になるのか、分からないのです。
例えば、有名なPachelbelさんの曲の即興演奏を次のリンクより聴くことができます。
 Pachelbel's Canon in D solo piano improvisation
 Pachelbel's Canon in D solo piano improvisation


また、次の即興演奏を聴くことが出来ます。
 Blues Piano Improvisation
 Blues Piano Improvisation


 5 音楽で会話する、コール・アンド・レスポンス
 6 たくさんのテンポが同時進行するポリリズム
 7 ゆったり静かで美しいバラード

 上記の特徴の一つひとつは、多くの若い人がジャズに興味を持つ主なきっかけとなっています。
 説明されると、リズム、メロディーが思い出され、体が自然に動くかも知れません!
これらのジャズの特徴は、クラッシックや古典音楽に無いものばかりです。
若い人たちが音楽の基本を学び終わった後、ジャズに興味を持つのは当然です。
理由は、基本的な学習範囲では学ぶことができない音楽がジャズにあるからです。

 ここで、もう一つ質問していいでしょうか?
軽音楽部へ入部する場合、その動機は何でしょうか?


(1)ジャズる力をアップさせたいのでしょうか?
(2)ジャズを広く・深く聴くため、でしょうか?
(3)とにかくジャズが好きなのでしょうか?

 このような質問に「Yes」、と答えた人はラッキーです。
本サイトは、ビッグバンドの情報を提供しているからです。




 軽音楽部 大会 参加校 軽音楽を楽しみましょう!
本サイトが軽音楽を好きになった若い人たちに少しでも役立ことを期待しています。
posted by Yy at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軽音楽とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174457777

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。